懐妊中央はこどもの発展とともに、ホルモン兼ね合いも壊れるし、出だし、中期、後期という妊婦の概況も四六時中ばらばら…。
ベタベタ盛り上がりに満ちたお天道様もあれば、連日眠いお天道様もあったり、急にイライラしてしまったり、はかなくなったり…など。

それに加えて腹が広くなればなるほど夜更けも寝苦しくなってきて眠れないお天道様も増えたりもします。
あんな日々を送っていれば、お肌も荒れたり、健全でなくなったりして仕舞うのもある意味あたりまえなのかもしれません。

懐妊中に一番クリニックから期待を受ける事が多いのはウェイト管轄ではないでしょうか。
お肉や魚などのオカズはどんどん食べても、からきし炭水化物や果実など、サッカライドのおっきいものは摂取し過ぎないようにしないといけなかったり…。

胸では分かっているけど、必ずや腹が空きます。
そんな時あたいが一心に作っていたのはサツマイモの甘味でした。
サツマイモは腹にも溜まるし、がんらいあま味もあるので、蒸すだけでも旨いし、柔らかくして潰して片栗粉を混ぜて焼けば、芋餅にもなり嬉しいだ。
油やバターを使わなくても簡単に甘味に使えるし、食物繊維も多く便秘にも望ましく、妊婦ちゃんの硬い味方!という趣でした。

懐妊中央は便秘になりやすいので、潤いも必ずとって、散策やヨガなどもするのも、健康的に生まれ変われるのでオススメです。やはり睡眠不足は美容やしわの敵だった。