前週から、半年ぶりに義父の自宅介護が始まりました。半年前に急場オペレーションをするために入院になってから、病舎や建屋での生活を送っていました。今どきはじめて、仮に我家に帰れる度合まで再生できたために、自宅介護に挑戦をしました。

義父は、日中は車いすで過ごしています。夜はベッドに移ります。ベッドのそばに赴き、手すりがあれば、自ら引越が可能です。ただし、困ったことがあります。義父は病舎でもっと続けていたリハビリを家ではしないと言うのです。継母は、義父の介護を問題がり不愉快みたいにする。我ら乳児夫妻はできるだけのバックアップを行っていますが、カップルともなんでも甘えようといったする。旦那は週間自宅に泊まりこんでお世話をしてきました。

宅配はあたいが行ない、総菜や弁当、レトルトを中心に購入し持って行かなければなりません。家で作った総菜も持って行きます。メニューを始めるのを嫌がるからです。お婆さん向けの弁当の注文によるのを嫌がる結果仕方ありません。ご飯は炊きますが、お茶はペットボトルを購入し、みそ汁もレトルトだ。

洗濯は、入院内輪と同様に、住まいが担当している。自宅で自宅におけるのに、あたいは亭主が持ち帰ってきた洗濯物を洗って乾かしてから、亭主がまた持って行きます。着替えは一人ではできない結果、デイサービスでの入浴ままする。

継母は便所の一助だ。義父は一人ではできません。今は、ベッドの側に置いて要るポータブル便所によっている。手すりを以て立てるので、ボトムスの上げ下ろしを継母が手伝います。撤収も継母がする。

2人で日々できそうな気もしますが、相当苦しくうまくいきません。高齢になると、自分で動くことを嫌がります。自立した気持ちを持ってもらうための自宅介護ですが、いろいろ考案が必要です。http://www.un-forbachois.net/