きのうは職務が定休お天道様だったので、久々に鉄棒にぶら下がって懸垂を通じてみた。そうしたらかなり、これも数年ぶりに37回と35回のバリアを克服できた。

因みに2週前の前回は30回で握力が無くなり、鉄棒から落ちてしまった。私自身の中では疲れが喜びへって陥る仕上がりです。

思えば31歳の時からスタミナ受領を用に始めた懸垂実行だったが、最初は14回位までだったのが、特訓とともにゆっくり数も伸びて赴き、30回客席初期まではコンスタントにできる様になった。

調子のいい時は30回客席下、そしてウハウハ計測は40回でそれを3回経験した時もあった。ただ、それも3年頃以上前の講話で、今では30回を超えれば自分のノルマは実現みたいな感じである。

時折サイトなどで総量十キロの重りを付けて何回も懸垂したり、片腕懸垂を何回も敢行している画像が流れていて、私もその力強さに憧れて、挑戦してみた時もあったが、何だか賢くいかなかった。

こういう懸垂30回客席が私自身の独力でとれる盛り沢山って弱く悟っておる近年です。それ以上の成約を待ち焦がれるには、専門的な特訓が必要で時間も対価も要るので、流石にそこまで修行僧みたいになりたくはない。

自分の中では、同世代の通常以上のスタミナを受領できればなので十分なので、これからもその実態を維持していきたい。顔の肌にあるシミ。黒いメラニンを除去してしみのない素肌へ